FC2ブログ
プロフィール

ドルミヨママ

Author:ドルミヨママ
お気楽者でオオザッパ~ぶんちょの世話大好き人間!沖縄八重山離島の海が好き♪運動不足解消にテニスも楽しんでます!時々登場のりパパは、ぶんちょたちに警戒される毎日(?)大家族で楽しく毎日を送ってます♪

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター

オレは生きている

忘れかけてましたが、ほんとに久しぶり~~~に
動画をダウンロードしました。

そしたら、、ドルクの画像がでてきたんです(^^ゞ

『オレの生き様』は終わりましたが
見てやってください!

VPS

私が手を骨折した時ですから昨年4月の終わりくらいです。

喉元の腫瘍がかなり出っ張ってきてますが
必ず手にきて羽づくろいしてました。

懐かしいです!
こうやって画像や動画でまた会えるんですね(*^_^*)

オレは生きてますよ(私の中で)
スポンサーサイト

オレの生き様(11)

オレの名前はドルク。
オレはこの名前を何度呼ばれたのか?
年が明け、春が来て10歳になった。

喉元もうっとおしくなってきたが
まだ羽も整えられる。
足も衰えて来たようだが動くことはできる。

おかぁの太くなった腕は居心地いい、おかぁ~痛いか?? わらじぃで寝るのは重い首も楽ちんなんだ!
ただ、飛ぶことがままならなくなってきた。
それを感じたおかぁは、オレを手に乗せ移動させてくれた。

行きたい所で降りて迎えに来てくれる。
行きたくない所は降りなければいいので楽だ。

暑い夏が過ぎ秋が来た。
オレはますます、身体の自由が利かなくなってきたのを
感じ始めていた。

爪も伸びたし、、首も重いが外に出るのはご愛嬌さ! 外にでても眠い時は寝る!おかぁ~早く部屋掃除終わらせておくれ!
寒い冬が近づく頃には寝ることが多くなった。
おかぁは、毎日部屋掃除のたびにオレを外に出してくれたが
待ってるあいだも眠い。

ハルちゃんは、動きが鈍くなってきたオレのそばに
いつも居てくれる。
口ばしについたゴハンをとってくれたり、
羽づくろいしてくれたり。
おかぁは、老人介護だと微笑んでいる。

おかぁは、部屋をのぞくたびに声をかける。
起きないと何度も呼ぶので少々面倒だ!

年が明けるころには、部屋の移動はできるが
とにかく眠くて寝ることが多くなった。

子分たち、おかぁ、おとぅの声を聞いたり
昔のことを思い出しながら寝るのが心地良い。

オレの鳥生は波乱万丈か?
オレは自信をもって幸せな男だと言える!

今年も新しい年を迎えることができた。
明けてすぐに茶々丸が眠った。
オレより先に眠っちまったのか!
オレより先に眠ったやつらは待ってるだろうか!

 おかぁ~ここはあったかくて居心地いいゾ~!
オレも眠くてしかたない。
目を開けようとするが瞼が重くて眠い。
ハルちゃんは隣りで心配そうにしているが
それに応えてやれる力もない。

おかぁは、毎晩寝る前に「また明日ね!」と声をかけてくれる。

また…明日…な…

オレは永い眠りに陥った(…完)


 火葬前のドルク!大好きなつぼ巣で永遠に眠る
ドルク 平成24年2月24日享年10歳11ヵ月 永眠

続きを読む

オレの生き様(10)

オレの名前はドルク。

9歳になって、身体に異変を感じ始めていた。
おかぁも、気付いていたようだ。

相変わらず、つぼ巣に目がないのさ! いつも一緒のハルちゃんと部屋でまった~り!

春を待つ間もなくオレは産まれて始めて病院へ
連れて行かれた。

ハルちゃんを置いてオレひとりだ。
おかぁは不安な顔をしているので
オレは平然としていようと思った。

オレは診察室で男前の先生に触られ
綺麗なおねぇさんに羽を止められ
レントゲンを撮った。

右の首に腫瘍ができていた。
先生とおかぁの声が聞こえてくる。

「年齢もありますので切除の手術も、、」
「薬も、、」
「あとは、飼い主さんのご判断で、、」

オレは、おれたちの歳にすれば高齢だ。
おかぁは、当面はこのままにして様子をみると
決断してくれた。

オレはおかぁを信じて余生を送ろうと思った。
おかぁとふたりで電車に揺られながら
ハルちゃんの待つうちへ帰った。

ちぃちゃんと浮気してみる!ハルちゃんは怒らないが、おかぁは『エロジィ』と呼ぶ! 女の子に囲まれると、、はりきっちゃいそうだ!イケるゾオレ!
おかぁは、なるべくオレに支障ないように
生活させてくれた。

外にでれば、たまには違った女の子に声かけてみたり
好きなものを食べたり、
だけどハルちゃんは愛想尽かすことなく
オレのそばにいてくれる。

ハルちゃんは、、オレが好きなんだなぁ~(オレも好きさ!) おとぅの肩は広くていごごち良いんだぜ!ハルちゃんも一緒だった!

喉元の腫瘍は、生活するにはまだ大丈夫そうだ。
まだ飛べるし、ゴハンもうまい!
おとぅにも元気な顔をみせられる。

こうして、また寒い冬を迎えることができた。

ただ年が迫る頃愛娘ルルクが眠った。

  ルルクはオレの大事な娘だ!残念だった。。
オレとハルちゃんの初めての子供だ。
巣立ちすれば親子もないが、
オレたちの大切な子供には間違いない。

おかぁも責任を感じているようなので強くは言えないが
親より先に逝っちまうとは不幸な娘だ。

オレは日々、身体が老いていくのを感じながらも
新しい年を迎えることができた(…続く…)

オレの生き様(9)

オレの名前はドルク。
新しいうちに来て1年が経とうとしている。

飛んでるのは俺様だぜ!まだまだ、若いもんには負けられん! 息子たちがいっつもくっついてくるんだ!親離れしてないのか?
新しい場所には慣れたし、まだ若いもんたちには負けない。
初めに育てた息子ちは、相変わらず親離れしないのか
ハルちゃんにくっついてくる。
ハルちゃんを好きになる気持ちはわかるが。

おかぁは、オレたちの部屋を子供たちから離した。

大好きなつぼ巣の確認は怠れない!良し!イイ感じの巣だ! 子供たちが気になるハルちゃん。心配ないさ!

ハルちゃんは4歳になっていたが
年が明けてからまた卵を産んだ。

同じ頃、隣り部屋になったチルクとちゅんちゃん夫婦も
卵を6個産んでいた。

オレたちの卵は産まれそうもない。
おかぁは、ちゅんちゃんの卵2個をオレたちに託した。

産まれるかはわからないが
オレは大好きなつぼ巣で生活できるならと
快く引き受けた。

すると、2羽産まれた!
隣り部屋からも4羽の子供たちの声が聞こえてくる。

おかぁは、無理させて悪いね…と言うが
自分たちの子供じゃなくたって
口をあけてゴハンをせがむ子供たちは可愛いもんだ!
オレとハルちゃんは、また夢中で子育てをした。

やっぱり誰かが近くに来る!オレたち人気者?…な訳ないか。 チルク&ちゅんの子供たちも無事に大きくなっていった!
途中からは、おかぁが変わりに育ててくれた。
つぼ巣がなくなって寂しくなったが、
おかぁはワラの板床を置いてくれた。
無事に大きく育っていく子供たちの声を聞きながら
オレたちはここで安心できるようになった。

6羽の子供たちも大きくなり、それぞれのうちへ行った。

隣り部屋のちゅんちゃんは、
子供たちを見送ると安心したように眠った。

新しいうちに来て1年を迎えることなく
かぃとみかん夫婦が眠った。

おかぁは、若いやつらを見送るたびに寂しい顔をした。
だけど、おかぁはオレが声をかけると元気になる!

オレは9歳になっていた。
また、暖かい春が来るころ
身体に異変を感じはじめていた(…続く…)

オレの生き様(8)

オレの名前はドルク。
また暑い夏を過ごし秋が来た。

ハルちゃんは、卵を産むことなく落ち着いていた。

年が明ける頃、おかぁとアネキは別々に暮らすことになった。

この部屋ともアネキともお別れしたんだったな。。 アネキの肩じゃイタズラするのに物足りないゾ~~~~
アネキは中学生のころからの付き合いだ。
よくイタズラして困らせたな。
ひとりになっても頑張れよ!

おかぁには新しいおとぅができた。
暮らしなれた練馬を離れ、おとぅが暮らす伊勢原へ引っ越すそうだ。

おとぅは、オレたちのために部屋や手作りラックを用意してくれた。

引っ越ししたてだ!まだ遊び道具もないゾ。 おとぅの肩は居心地がいいのを発見した!
オレたちは、部屋ごとビニールに包まれ、おとぅの運転で
初めての引っ越しを経験した。
1番陽当たりが良く静かな場所だ。車の音もしない。

しばらくはみんな落ち着かないようだったが
時期になれた。

ハルちゃんも落ち着いたようで卵を産んだ。

子供が産まれてるので、あやしげな物体から守るのダ! 日をあけて2羽の子供が産まれた~!
日を空けて2羽の子供が産まれた。
この頃、オレは8歳になっていたが、
子育てにはまだ自信があった。
この歳になって!とおかぁはビックリしたようだ。

いくつになったって子供は可愛いもんだ!

ハルちゃんもこの年秋には4歳になる。
もうあまり無理はさせられない。

この子たちも途中からおかぁが育ててくれた。

サクラのココアちゃんは遠方の関西へ~ハルちゃんにそっくりの子だな。。 最後の子供のラセちゃん~隣り街に行ったのさ!
元気に育った子供たちは、よそのうちにいった。

ハルちゃんは、続けて卵を産んだが
この子たちがオレたちの最後の子供となった。

新しい家で過ごす初夏は、山からの風が入り心地よかった。
おかぁも仕事を辞め、オレたちと居る時間が増えた。

食事もうまいし、空気もうまい!
おとぅが作ってくれた遊び場も快適だ。
またハルちゃん、子文たちと一緒の時間が過ぎていく。

この年の初めに
若いころ遊び相手だったミヨが眠った。
初夏には初恋したポルちゃんが眠った。

オレより若いやつらを送る歳になっていた(…続く…)
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる