FC2ブログ

文鳥はカシコイ生きものです

ご訪問いただきありがとうございます。わが家の子たちが繰り広げる『ぶんちょ日記』展開中!『Worldolk(ワールドルク)』ではわが家で産まれたヒナたちを譲渡しています!

Entries

ヒナ記録2018(12)

今回は、幼名ひかりちゃんの話です。

ひかり29日目
生後30日目に初飛行をし、無事に成長していると思いましたが
飛び方がおかしい?
左風切り羽が着地時落ちてだらんとしてしまう。。
様子が違うことに気づき病院へ診断に行ってきました。

ひかり30日目 ひかり32日目

結果は左風切り羽根元骨が成長不良、小さい時に脱臼したか。
尾羽が曲がってしまったのは、背骨が反っているかの診断でした。

ひかり39日目 ひかり43日目

小さい時はあまり目立たず、目視ではほとんどわかりませんでした。
成鳥するにつれ成長できない部分が見えてきた感じです。

ひかり45日目

現在は、ほぼひとり餌にもなり、ケージ生活をしています。
通常生活はできますが、長距離飛行、ホバリングは出来ません。
長く飛ぼうとすると失速し、着地すると左羽が落ちてしまいます。
すぐに収納できますが違和感があるようです。
私の身体が着地目標地点になっているので引っ付き鳥になってます('◇')ゞ

今回は里子は断念することになり
里親様には申訳ない思いです。

私も初めての経験で戸惑いましたが
ひかりは、屈託なく飛ぶのを楽しみ
不自由などないように生活してくれていることが救いです。

次回は、はお&まーすヒナも登場です(*^-^*)





今回は、このようなことになり
色々と考えてみました。

もしかしたら親鳥の飼育環境(産卵、抱卵、育雛)にも原因があったのではないか?と
思っています。
ひかりは巣にいるころから見るたびに仰向けか斜めになっている子でした。
この時は「???」と思いました。
このころから悪いところがあったのではないかと。。。
今となっては思い出すことがあります。
あくまでも私の所感です!

これからは、少しでもみんなが快適生活できるよう
配慮していこうと思ってますm(__)m
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。