文鳥はカシコイ生きものです

ご訪問いただきありがとうございます。わが家の子たちが繰り広げる『ぶんちょ日記』展開中!さてさて~カシコイぶんちょたちは何を語ってくれるのでしょうか?『Worldolk(ワールドルク)』ではわが家で産まれたヒナたちを譲渡しています!徒然お出かけ&旅記事も書いてます!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくすう日記(47)

生後41日~42日目になった、やいま(さくら)兄弟たち。
日中も殻付きシードを食べ、あわ穂を突き倒し、水浴びをし、青菜を食べ、、と成長し、のぞいても催促の声をださなくなりました。
ほぼ一人餌になりました♪

イタズラ盛りで、みんな好奇心旺盛!

今日は、のりパパが、デジカメの設定をしている手でワラワラ。。
    
やいまのぞき込みが好き?? パパの手で邪魔にはいる、いたずら兄弟
指をかじって、動く画面のぞいて、のりパパの顔を見上げたり。

    イタヅラするさくら兄弟
「ほぅれ~邪魔するでないよ~」のりパパ作業が続きません。。

    集合~2
終わって手が空くと、、ご覧の通り~~♪

    手に集合したよ~~~!
コハマはいないけど、久しぶりに揃いました!

でもね、のりパパの手はあったかくて、

    あそび疲れてウトウトzzzzzz
マブタが上がってきた やいまさくら兄弟でした!

タケミ30g、クロマ28g、ハトマ28g、テルマ28g
のりパパ「…お、重い」とつぶやいておりましたとさ!

コハマ(40日目)は、
    コハマ頑張ってます!
温かいプラケースの中で、ひとり寂しく??あわ穂やけ食いしていました!
動かない左足(指)も上げていると楽なようで、今日、止まり木を入れてみましたが左は浮かしていることが多かったです。
動かないことに違和感があるようです。右足は動くので、負担になりすぎて右足も??にならないようにしないと!
少しづつですが、片足でも動きが活発になった気がします。

ここから、今日もコハマの話です。   

今日、注文していた『コンパニオンバードの病気百科』が届きました。

コハマの症状からすると当てはまるのは『ビタミンB1欠乏症』??

病院で打ってもらった注射も『ビタミン類、カルシウム、沈静剤、、と混合になります』と説明してくれました。
確かに、先生「ビタミン不足」って説明してくれたんですよ。

その時は、なんだか舞い上がっちゃってよくよく家にもどって、こうして本を見ると思いだしたり。。

(なんだか情けないよね、、)

先生は、優しく説明してくれているのに、理解度が低いと致命的になりかねないですね。。

いつも、何かあると飼育書読んだりしていたけど、この1冊が追加されたことで
病気に対してすこし理解できるようになるかも。。

しかしねぇ~愛玩動物飼養管理士1級にでてきた単語が多いこと。。
「受かるため」の勉強で「身についた勉強」で無かったことも痛感です。

あ、話がグチグチになりましたが、、

コハマに処方された薬ももちろんビタミン類も入っています。
それと並行して、どうしたらうまく摂取できるか??って考えてみました。

ビタミンB1が多く含まれる食べ物=あわ、豆苗でした。

幸い、コハマは一人餌への移行時期でもあり、盛んに『あわ穂』を突いて食べています。
挿し餌には、豆苗を追加しました。

で、本に「アワダマ飼育がビタミンB1欠乏症を招く理由」が書いてありました。
その中に、「アルカリ性の強いボレー粉や小松菜と混ぜることでも破壊が進みます」と!

もちろん、ボレー粉も小松菜の栄養成分も必要ですよね??
これを摂るとこれが壊れる!っていうのは人の身体でも一緒で、一概にこれは止めたほうがいいとは言えません。

こうして、吸収できないものは、別のかたちで補給していかなければなりませんね。

コハマには、可哀想なことをしてしまいましたが、良い勉強になりました!

  教訓 『わからないことは、調べて理解せよ』
     『小さいヒナの栄養については、十分に考慮せよ』

Comment

No title 

こんにちは。
ええ~っ。
粟玉とアルカリ性の強いボレー粉や小松菜と混ぜることでもビタミンB1破壊が進みます、
ですか?
挿し餌には粟玉、ボレー粉、小松菜を入れるものですよね?
うちのちび文鳥も足が弱いんじゃないかなあ?という気がしていまして、ブランコに乗ろうとしても乗れず落ちてしまうので、コハマちゃんの様子には注目させていただいています。
カトルボンはアルカリ性が強いでしょうかか?

うちも病気百科の本を買ってあるので見てみます><
  • posted by ろぷ 
  • URL 
  • 2010.04/20 13:35分 
  • [Edit]

ろぷさん 

私も本読んで愕然としましたが、「じゃ、どうしようか?」って考えたときに、足りないものは追加すればいい!になりました。

あわ玉は、ヒナ用ムキエ(あわ・キビ)にしたり、ボレー粉も小松菜の栄養成分も必要ですので与えていました。
カルシウム不足なら、パウダーフードにはカルシウムを吸収しやすいようにビタミンDも入っているので併用しました。

病院で処方された栄養剤と追加したので、ある程度は必要な栄養がとれたのかもしれません。

ビタミンB1は水溶性なので、市販されている栄養剤でも水で薄めてあげることできると思いますよ。

しかし、本を見ても素人判断は危険なので、私は病院の指導のもと薬も服用すべきと思います。

カトルボーンは、、調べてないのですが、アルカリ性かも??ごめんなさい。。

これはあくまで私(わが家)の話ですので、正しいとが限りません。
その子その子で違いますので、ろぷさんが判断されて対処してあげてくださいね!
  • posted by ドルミヨママ 
  • URL 
  • 2010.04/21 23:43分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。