文鳥はカシコイ生きものです

ご訪問いただきありがとうございます。わが家の子たちが繰り広げる『ぶんちょ日記』展開中!さてさて~カシコイぶんちょたちは何を語ってくれるのでしょうか?『Worldolk(ワールドルク)』ではわが家で産まれたヒナたちを譲渡しています!徒然お出かけ&旅記事も書いてます!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒナ記録’11(番外)

一人餌になったはずのジョヤ生後46日ですが、、
どうやら、満足いくほど一人で食べられていないようです。

(一人餌に移行時期に、私が挿し餌を多く与えすぎたのも原因のひとつかもしれませんが、、)

日頃の様子を見ていると、落ち着いて食べてることが少ないです。

おおっきいカゴに入ったは良いけど。。居心地どうよ? やっぱり一緒に食べたいらしい。。
大きいカゴにして、餌箱の大きさも数も十分だと思っていましたが
食べ始めると兄弟どちらかが近くに来ます。
一緒に食べたいだけで、ジャマする訳じゃないのですが
ジョヤにしてみたら『ウザ~ぃ』存在のようです(T_T)

水浴び容器を設置するタイミングで、
同じところで食べたがる。。ジョヤ引き気味。。 さっそく水浴びに挑戦してみた怖いもの知らずのランク
上のスペースにも餌箱と水入れを設置してみました。
(まぁ~どこでも食べてちょ~だい状態ですよ)
すると、、やっぱ、、
ビャクとランクに乗っ取られちゃったんです!

右の画像は、水浴びに挑戦したランク。。
(末っ子は怖いものないのね)

まぁ、こうしながらも自分の意思で食べていけるようになるとは
思いますが.
性格なのか?上の子の試練なのか?
ジョヤ、、ますます、、目つきワルしになってきました。

ここで、ヒナ(鳥)たちの環境についてです。
私の所感&長文です!

先日、パウダーフード買いがてら『あまり環境のよろしくないペットショップ』に行ってきました。
ここは、品揃いが良いので仕方なく。
…でよせば良いのに、怖いもの見たさでバードコーナーへ行きました(-_-;)

もう一人で食べられる大きさのブンチョ中ヒナが「プラケース」に
入っていました。
中には餌箱も入っていましたが、小さいケースに5羽も!
飛べる大きさだし、右往左往するとケースに当たってるし。

もう少し大きくなった子たちは、わが家と同じ位の大きさのケージに
8~10羽入れられていました。
ブンチョは気が強いので、弱い子はどうしても
餌が食べられなかったり、居場所がなく
ますます弱くなり、最悪は落ちてしまうことも
あるわけです。

ショップなので置き場の制限もあるだろうし、
売れていけば必然と羽数は減るだろうし
仕方のないことなんですよね(T_T)
しかし、これはあくまで『ショップ』での話です。

ヒナや成鳥をお迎えしたら、その日齢・年齢・種類の特性に
あった環境を作ってあげてください。

ペットショップで1つのカゴに数羽入れられ
『わぁ~楽園のようね~、うちもこうやって飼ってみようかしら~』
なんて思ったら間違いです!

ブンチョの性格から考えても40cm四方のカゴは
大人なら4羽が限度だと思います。

ヒナたちだって、人間の子供と同じ。
成長に合った環境がある訳です。
歩けるようになった子をいつまでもベビーベッドに入れておく。
飛べるようになった子をいつまでも箱に入れておく。
劣悪な環境に置くというのは、
今の時代だと『虐待』と思われるかもしれません。。

親がその子に合った環境を作って生活させるのと
考え方は同じですよね?

私も、ここ何年か育雛をし、その都度飼育書を読んだり、
ヒナたちの様子をみながら環境を考えてきました。
失敗も反省もあり、偉そうなことは言えませんが、

ぶんちょたちも私も、気持ちの良い環境で生活したいと思うのは
同じだと思っています!
ぜひ環境作りをした上で、鳥たちを迎い入れてください。

…さぁ~てと、久しぶりに所感でちゃいましたが
明日は愛玩動物『管理責任者』の講習会があります。
1年に1回ですが、、
より良いペットとの共同生活に向けて日々努力ですかね(*^^)v

Comment

 

私もペットコーナー行くのやめましたね~。
以前、雛のあまりの扱いにブチ切れて、
ホムセンの責任者呼んで来いー!
となった事がありました。

どれだけの子達が本来の寿命を全うできなかったかと思うと、
なんともやりきれない想いになります。

生き物は当たり前ですが『生きている』。
飼い主を慕い、愛を乞う文鳥に、
どうか存分に答えてあげてくれと思います。

だから私は、心の中では、
『どうか、文鳥がブームになりませんように』と、
軽井沢の別荘地でブームが去り捨てられた高級犬達を見て思うのです。

  • posted by 福良雀 
  • URL 
  • 2011.02/15 21:50分 
  • [Edit]

同感 

私も狭いプラケースに入り足の悪い文鳥をかわいそうでお迎えしてしまいましたが、小鳥の医者へいくと前回迎えた子と同じ場所が骨折していたんです。(もう癒着されていますが)きっとぶつかったり、ふまれたり、あるいはショップの店員かと疑いたくなりますがかわいそうです。だから最近は餌関係はネットからになっています。生命を粗末に扱う人には罰がくだればいいのに。
ちなみに迎えた子はよく懐きかわいさいっぱいです。

福良雀さん 

私も「ひどい!」と思うショップはなるべく行かないように
したいんですけどね。
(実は、このショップで店員に私もブチ切れそうだった!)

ペットケアアドバイザ―になったら、、きっと
いい加減な飼い主には、『飼うな!』と言いそうで怖いです(爆)

わが家も今はショップ出身はドルクだけになりましたが
とても綺麗なショップでした。
ショップに行くと
売られている子たちが、「優しい飼い主さんにめぐり会えますように!」といつも願って帰ります。
  • posted by ドルミヨママ 
  • URL 
  • 2011.02/17 22:26分 
  • [Edit]

ぴぴママさん 

お迎えした子たちが「骨折」していたなんて、、
ひどい扱い受けていたのでしょうね。。

私も「…可哀想に、、」と思っても今の環境では
十分にケアしてあげられることができないので
ぴぴママさんのように優しい飼い主さんにめぐりあえたら
ぶんちょちゃんたちは、とても幸せになれますね。

ぴぴママさんの愛情でちゃんと信頼してくれてるぶんちょちゃん、可愛いでしょうね♪
  • posted by ドルミヨママ 
  • URL 
  • 2011.02/17 22:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。