文鳥はカシコイ生きものです

ご訪問いただきありがとうございます。わが家の子たちが繰り広げる『ぶんちょ日記』展開中!さてさて~カシコイぶんちょたちは何を語ってくれるのでしょうか?『Worldolk(ワールドルク)』ではわが家で産まれたヒナたちを譲渡しています!徒然お出かけ&旅記事も書いてます!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な縁

現在、育雛中の2ペアのヒナたちの話の続きです。

「孫」「ひ孫」と前の記事で書いてきましたが、、
まだ、思うことがあります。

    バリー&こう4羽のヒナたち、巣の中お掃除中~の待ち!
バリーこう4羽のヒナたち。

こうママは、故ちゅんの子供です。
真っ白でルビーのような赤い目をしたちゅんの命日は
2月17日でした。
粉雪の舞う寒い日に逝ってしまいました(T_T)

そして、1番おチビ(左)の白いヒナちゃん。
ちゅんばぁちゃんの命日17日に産まれたんですよ!

ちゅんちゃんと同じ色!』
不思議な縁を感じました。

    あられ&テラ4羽のヒナたち(4羽になってましたよ。。)
あられテラ4羽のヒナたち。
(記事にした次の日に1羽産まれましたよ)

初めて産まれた子が、みかんひぃばぁちゃんの誕生日産まれ。

あられパパは、ちゅんの子供。
ちゅんばぁちゃんと同じ
赤い目をしたヒナちゃんたちが産まれてました。

このペアからは、サクラヒナしか産まれないと思っていたので
ちゅんちゃんと同じ目の色??』
不思議な縁を感じた訳です。

わが家で産まれ、里子に行かなかった子たちは
こうしてペアになったりで、世代を継いでくれています。

ただの偶然かもしれませんが、

逝ってしまったパパ・ママたちを思い出させてくれるように
なっているんですね。

逝ってしまったことは、悲しいことですが
その子たちを、微笑んで思い出せるということは
自分にとって幸せなことなのかもしれません。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。