文鳥はカシコイ生きものです

ご訪問いただきありがとうございます。わが家の子たちが繰り広げる『ぶんちょ日記』展開中!さてさて~カシコイぶんちょたちは何を語ってくれるのでしょうか?『Worldolk(ワールドルク)』ではわが家で産まれたヒナたちを譲渡しています!徒然お出かけ&旅記事も書いてます!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレの生き様(4)

オレの名前はドルク。
子文が増える中、3歳になった。

憧れのポルちゃんを迷彩野郎に取られたが
気の強いミヨと灰色のシルク、女の子には不自由ない。

  ハーレムのハズが、、、寂しいひとり暮らしは続く・・・

しかし『シロ』と『灰色』はどうも好みにならないのだ。
そんな中、灰色シルクは嫁に行った。
おかぁの話によると、お相手が出来て幸せにしているらしい。

…またミヨを相手にする日々が続いた。

  巣が大好き~ここはオレの場所じゃないけど。。
オレはお相手が欲しいと思いながら巣に籠るのが好きだ。
(おかぁでもいいぞ)

そして寒い冬が近づくころ
迷彩が無くなり男らしくなったノブナガとポルちゃんの
新しい生活が始まった。

つぼ巣の中に卵が出現したのだ!
ふたりがいない時に巣に入ってちょいと温めてみたりした。

新しい命が産まれた。
おかぁもオレもヒナは初めてだ。
ジャッジャッ…とよく鳴く。

ポルママは、5羽のママとなる!頑張り屋のママさん参上! 5羽の1羽が俺様の鳥生を変えたのだ!

このころオレを汚いと言ったオヤジの姿が見えなくなった。
おかぁとアネキ、、悲しんでいるんだろうか?
落ち着かない日が続いたが、
おかぁの手でヒナたちは日に大きくなっていった。

  お婿に行った二ルク君とハルちゃん

5羽の子たち3羽は、よその家に行った。

そして、この残った子のうちの1羽が
オレの鳥生を大きく変えることになろうとは
まだ想像もできなかった(…続く…)
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。