文鳥はカシコイ生きものです

ご訪問いただきありがとうございます。わが家の子たちが繰り広げる『ぶんちょ日記』展開中!さてさて~カシコイぶんちょたちは何を語ってくれるのでしょうか?『Worldolk(ワールドルク)』ではわが家で産まれたヒナたちを譲渡しています!徒然お出かけ&旅記事も書いてます!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川を渡って

去る1月3日
茶々丸(推定5歳)が永い眠りにつきました。。。

  恋しくなると手乗りになる茶々丸クンです。。
年末から体調を崩し、食事はしていたので
持ちこたえてくれると信じていましたが。。

3年前と2年前にも急激に意識がなくなり
「もうダメなのか。。」という中立ち直り、
三途の川を渡らず帰ってきたね~~なんてのん気なこと言って
ましたが、、
寂しく渡って逝ってしまいました。

  こうはくを育ててくれたのね~茶~パパ!

仲間に入れずにいつも怒ってた茶ー坊。。
プライドが高くて、環境の変化にも頑固でしたっけ。

  ちゃ~ちゃん楽しい想い出~ありがとう。。きかん坊のちゃーちゃん永遠に
茶ー坊、空でみんなと仲良くするんだよ。

ありがとう茶ー坊 !

茶々丸とちゅんは、S県から宅急便できました。

2007年10月3日にやってきた茶々丸クン! ちゅんちゃんは、来た日にガムテープに羽がくっついて負傷させちゃったっけ。。
心配から始まり、わが家の環境に慣れるのか不安でした。

そんな中、夫婦として頑張ってくれて子育てもしてくれましたね。

ちゅんちゃんは優しく強いママです。。 ちゃー坊の血を受け継ぐこう&はく姉弟。。

ふたり共に永遠の眠りについてしまいました。

茶々丸の居ないカゴをついのぞいて呼んでしまいます。
心配しているときは「こんなに心配させて。。」と思っても
心配するものが無くなると今度は寂しくなる。
勝手なものですね。

わが家に来て「幸せだったか??」って聞いたら、、
ふたりは「どうかな??」って言うかもしれませんが、
私は
「幸せだったよ!」って思っていたい気持ちです。

茶々丸を見送るにあたり、まだ後悔の念が強いですが
許してもらいましょうか。。

ごめんね、ちゃーちゃん(T_T)(T_T)

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。