文鳥はカシコイ生きものです

ご訪問いただきありがとうございます。わが家の子たちが繰り広げる『ぶんちょ日記』展開中!さてさて~カシコイぶんちょたちは何を語ってくれるのでしょうか?『Worldolk(ワールドルク)』ではわが家で産まれたヒナたちを譲渡しています!徒然お出かけ&旅記事も書いてます!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレの生き様(9)

オレの名前はドルク。
新しいうちに来て1年が経とうとしている。

飛んでるのは俺様だぜ!まだまだ、若いもんには負けられん! 息子たちがいっつもくっついてくるんだ!親離れしてないのか?
新しい場所には慣れたし、まだ若いもんたちには負けない。
初めに育てた息子ちは、相変わらず親離れしないのか
ハルちゃんにくっついてくる。
ハルちゃんを好きになる気持ちはわかるが。

おかぁは、オレたちの部屋を子供たちから離した。

大好きなつぼ巣の確認は怠れない!良し!イイ感じの巣だ! 子供たちが気になるハルちゃん。心配ないさ!

ハルちゃんは4歳になっていたが
年が明けてからまた卵を産んだ。

同じ頃、隣り部屋になったチルクとちゅんちゃん夫婦も
卵を6個産んでいた。

オレたちの卵は産まれそうもない。
おかぁは、ちゅんちゃんの卵2個をオレたちに託した。

産まれるかはわからないが
オレは大好きなつぼ巣で生活できるならと
快く引き受けた。

すると、2羽産まれた!
隣り部屋からも4羽の子供たちの声が聞こえてくる。

おかぁは、無理させて悪いね…と言うが
自分たちの子供じゃなくたって
口をあけてゴハンをせがむ子供たちは可愛いもんだ!
オレとハルちゃんは、また夢中で子育てをした。

やっぱり誰かが近くに来る!オレたち人気者?…な訳ないか。 チルク&ちゅんの子供たちも無事に大きくなっていった!
途中からは、おかぁが変わりに育ててくれた。
つぼ巣がなくなって寂しくなったが、
おかぁはワラの板床を置いてくれた。
無事に大きく育っていく子供たちの声を聞きながら
オレたちはここで安心できるようになった。

6羽の子供たちも大きくなり、それぞれのうちへ行った。

隣り部屋のちゅんちゃんは、
子供たちを見送ると安心したように眠った。

新しいうちに来て1年を迎えることなく
かぃとみかん夫婦が眠った。

おかぁは、若いやつらを見送るたびに寂しい顔をした。
だけど、おかぁはオレが声をかけると元気になる!

オレは9歳になっていた。
また、暖かい春が来るころ
身体に異変を感じはじめていた(…続く…)
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。